teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


3月14日の公演

 投稿者:芝喜松先生のファン梢  投稿日:2010年 3月15日(月)04時25分5秒
  第九回公演、拝見させていただきました。
もう何回目か、かなり前から観せていただいていますが、すごくレベルアップしてきていて、感動しました。
みなさん、すごいです。
いつも、大道具や衣裳など、本物に囲まれての舞台で、とても素晴らしいのですが、昨日の『菅原伝授手習鑑』では、プロの生演奏で、なんとも贅沢な、緊張感のある舞台に仕上がっておりました。
素敵でしたね。
附打は、会員の沖山さんがやっていらっしゃいましたが、すごかったです。難しそうですよね、あれって。真剣な沖山さんの横顔、なんだかすごく調布市民歌舞伎への愛情が感じられる附打をなさってました。
白太夫の加藤さん、「親の顔が見たい~」っていうところから、おでこ叩いた手を目に落とす仕草で、涙が出ちゃいました。演技力すごいです。それに、昼の部も夜の部も、どちらも観せていただきましたが、同じことをなさってない。昼、夜で変えていらっしゃる。白太夫もそのときそのときを生きてるんだ~と、感心いたしました。
また、梅王丸の大竹さんも、熱演でしたね。カッコ良かったです。最後の一同揃ってのご挨拶のときも、ひときわ目立ってお美しい。松王丸と喧嘩するところも、かなりいろいろな動きがあるんですね。面白かったです。キマってましたよ。あのレベルにもっていくまで、練習するのは、大変なことだと思いました。
森下くんの記事、新聞で拝見して、登場されるのを楽しみにしていました。初舞台、おめでとうございます。緑ちゃんと、とてもいい雰囲気で、息もピッタリ合ってて、良かったと思います。緊張感があって、あそこで芝居が引き締まったと思います。その前の、芸者さんたちの会話も、自然な感じで良かったのですが、音楽のボリュームが大きすぎて、聞き取りにくかったので残念でした。
全幕、どれも、生演奏じゃないところの音楽が大きすぎて、シャーという雑音なんかも気になりました。気のせいかなぁと思ったけど、夜の部に来た友だちも、「音、大きすぎない?」って言ってました。ホールの響きって、お客さん入ると、また変わるし、きっと調整がとても難しいんだと思いました。
最後に、歌舞伎俳優で、この会のご指導にあたられている、中村芝喜松先生が駆けつけてくださって、あたたかい愛情に満ちあふれたお話をしてくださって、歌舞伎の一本じめで、幕となりました。
調布市民歌舞伎の皆さん、いい舞台を観せていただいて、どうもありがとうございました。
 
 

歌舞伎セミナ-(ご案内)

 投稿者:ゴンメール  投稿日:2003年 8月12日(火)20時47分23秒
  ①演題;吉例顔見世大歌舞伎鑑賞教室、②日時;11月21日(金曜)午後3時30分~午後9時30分
③内容;鑑賞券(2等席)を優先的に予約、鑑賞日(11/21)当日、事前に、歌舞伎座内にて出し物のセミナ-を受け、鑑賞力を高めるものです。食事付き、④講師;利根川 裕氏(作家)、⑤費用;会員13500円、非会員13800円、、⑥会場;歌舞伎座、⑦主催;池袋コミュニティカレッジ(西武百貨店 池袋店イルムス館8階)、⑧お申し込み・お問い合わせ 03-5992-0493
 

『髪結新三』公演案内

 投稿者:劇団前進座メール  投稿日:2003年 4月 5日(土)17時29分31秒
  突然の書き込み失礼いたします。劇団前進座より公演のご案内です。

出雲の阿国が歌舞伎踊りを演じてから四百年を迎える記念の年、劇団前進座では、恒例の五月国立劇場公演といたしまして、9日から22日まで、おなじみの『髪結新三』の珍しい通し上演に挑戦いたします。
原作通りに様々な場面を復活、中村梅雀が初演通り新三と大岡越前守の二役を、久々の舞台復帰となります中村梅之助が家主長兵衛を演じます。
五月歌舞伎座では菊五郎丈が、五代目が初演した『髪結新三』を演じますが、計らずも競演という形になります。是非両方見比べていただきまして、さらに歌舞伎への理解を深め、楽しんでいただけたらと存じます。

詳しくはホームページをご覧いただくか、お電話、メール等でお問い合わせください。

*お申し込み・お問い合わせ…劇団前進座東京営業所
                     (担当・樋口)
       TEL 0422-49-2811 / FAX 0422-45-0312
       E-mail tokyo@zenshinza.com
       URL http://www.zenshinza.com/

http://www.zenshinza.com/

 

ユニークな歌舞伎の本です!

 投稿者:アエラーメール  投稿日:2003年 4月 3日(木)18時40分53秒
  歌舞伎を愛する市民のみなさん、お元気ですか。ちょっとお邪魔します。私、朝日新聞でアエラ
ムックシリーズを編集している者です。3月31日に歌舞伎生誕4
00年を記念してアエラムック『歌舞伎がわかる。』(1300円)を発売しま
した。ホント、面白い本なのでぜひ紹介したくて。専門家50人以上に執筆していただき、正しい観劇術から歌舞伎の歴史、文
化までやわらかく解説しています。中でも工夫を凝らしたのは、旬の役者を取り
上げたコーナー。今を時めく新之助を「源氏物語」の作者・瀬戸内寂聴さんが京
都の夜の飲みっぷりや、武蔵のピソードも交えて書いてくれました。「光源氏っ
てどんな人?」という新之助の問いに、瀬戸内さんが「光り輝くようにあらゆる
才能をもって生まれた人よ。その中でも最もひいでた才能は女たらしという才能
ね」と説明すると、新之助は「そんな男、いやだな」と心底いやそうに言ってい
たんですね。そ、それなのに…!。玉三郎の色香の秘密を、監督=主演女優として一
緒に映画づくりをした仲の吉永小百合さんが女形と女優を比較して解き明かして
くれます。う~ん、なるほど、です。菊之助の精進ぶりを実姉の寺島しのぶさん
がシビアかつホロリと叱咤激励、猿之助はもちろんスーパー歌舞伎の同志・横内
謙介さんが熱く熱く論じて、福助はコクーン歌舞伎の演出者・串田和美さんが福
助らしからぬ舞台裏の修羅場まで暴露、ニューウエイブの獅童は、兄貴分の俳
優・八嶋智人さんが微笑ましいエピソードを紹介、仁左衛門の渋い魅力は、初釜
の席に招いた茶道武者小路千家家元・千宗守さんが、その凄まじい役者根性に脱
帽した話から……、勘九郎は小松成美さんとの特別対談で歌舞伎への尽きせぬ夢
とアイデアを語っています。ほかにも多数役者さん」が登場しますし、舞台裏も
その道のプロに書いていただいているので、ぜひ、ご覧になってください。








 

歌舞伎セミナ-(ご案内)

 投稿者:渡部 勉メール  投稿日:2003年 2月13日(木)12時53分47秒
  ■演題;「歌舞伎への招待」(副題;現代に生きる人間ドラマ)、■講師;(作家)利根川 裕氏、■日時;4月10(木)より、毎月第2&第4木、毎回;13時30分~15時00分、■授業料;3ヶ月6回;21,000円(別途消費税)、■会場;池袋コミュニティカレッジ(西武百貨店池袋店イルムス館8階)、■お申し込み;お電話03-5992-0491、または、直接ご来館、■講義内容;4月~6月(6回)→時代物、世話物、舞踊物とテ-マ別、7月~9月(6回);近松、南北、黙阿弥と作者別に展開されます。以上、ご案内まで!

http://www.seibu.co.jp/c-college

 

チケット発売中

 投稿者:調布市民歌舞伎事務局  投稿日:2003年 2月 4日(火)11時38分9秒
  昼の部では、芝居のせりふや竹本の語りに手話通訳がつきます。中国語と英語の筋書きも用意します。聴覚障害者の方、外国人の方、お気軽にお越しください。当日売あります。  

伝統文化放送で放映

 投稿者:調布市民歌舞伎事務局  投稿日:2002年 9月 5日(木)14時15分12秒
  9月4、9、14、22、25、29日 伝統文化放送でこの3月の公演の模様を放送中です。
「調布市民歌舞伎」ってどんなもの?とお思いの方、ぜひご覧ください。
 

配役決定!

 投稿者:調布市民歌舞伎事務局  投稿日:2002年 8月30日(金)09時48分39秒
  来年3月16日の公演は2回公演ですが、『鮨屋』の主役級の役をダブルキャストで行うことにいたしました。権太、お里、弥助、梶原、内侍などです。自分の出ない回では、黒衣や脇役を務めます。30名の会員をフルに動員します。『白浪五人男』は全員女性の配役です。可愛い五人男になると思います。7月も8月も暑い中休まずに稽古しました。指導者の芝喜松先生は、8月も9月も歌舞伎座や、博多座ご出演でおいでになれませんので、皆でがんばって自習しております。  

調布市民歌舞伎通信WEB版

 投稿者:編集長という役をいただきました  投稿日:2002年 5月 3日(金)00時16分50秒
  作成中です。  

新しくなりました

 投稿者:調布市民歌舞伎事務局  投稿日:2002年 4月30日(火)11時12分14秒
  遅くなりましたが、ホームページリニューアル致しました。旗揚げ公演の記録、次回公演演目などご注目ください。公演後、事情があって退会した人は2人、新しく仲間になった方も2人、前年度と同じ29人で活動を始めています。嬉しいことに、雑誌『演劇界』6月号に写真入で3月公演の記事が載りました。  

レンタル掲示板
/2